Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

無料で新作動画を見る方法を掲載中!

動画配信のすゝめ

洋画 アニメ

カーズ クロスロード の字幕・吹替え動画 無料視聴 ネタバレふう解説

更新日:

“カーズ/クロスロード”は、大人の映画ですよー!。

U-NEXTで11月22日から配信されていますから、”31日間料お試し” に無料登録し(31日間無料会員になる)、すぐ貰える600円分のポイントを使えば合法的に無料で視聴しちゃいましょー。
同様に、TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVの”30日間料お試し” に無料登録し(30日間無料会員になる)、すぐ貰える1080円分のポイントを使えば合法的に無料で視聴出来ます。

配信元のキャンペーンや特典を使って

●観たい作品を無料で視聴する方法、
●視聴の申し込みをして会員になれば、会員以外に二人とか三人が視聴できる

サイトなんかを紹介します。


この記事は下記のようにしておりますので、ご参考にどうぞ!

はじめに

この映画は、
1.2006年公開の「カーズ」
2.2011年公開の「カーズ2」

に続くシリーズ3作目ですねー。

私!、ぜーんぶ観ていますぞー、好き!好きですわー!モー大好きな映画ですよー。

擬人化されたレーシングカーたちが、イイー人生観を出すんですよねー・・・たまらなく好きですわー。

車好き!でもありますのでねー私は!・・・。

私の気に入りの車は、モー17年間も乗っていますがまだまだ元気ですぞー。

この映画は、一見すると子供向けかー!と、思われるかも・・・しっかしですよー、大人の映画ですよー。

“カーズ/クロスロード” の動画視聴と配信元はこちら!

2017年11月現在でのお勧め配信サイトは次の 4 社です。
● U-NEXT
● TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
Blu-ray、DVDのレンタル・販売及び動画配信
● dTV
● auビデオパス

U-NEXT

4万作品が月額料金2149円税込( 実質949円 )で見放題!さらに毎月1200円分のポイントがもらえるし、有料の新作とか旧作も12万作品が楽しめるんです!月額料金:2149円税込(毎月1200円のポイントが付くため実質949円)+有料作品視聴料。無料お試し期間:初回31日間(期間中に解約手続きをしないと自動的に会員となり月額料金が発生する)。

ツタヤTV

大手レンタルビデオチェーン・TSUTAYAが運営する公式のサービスで、動画配信サービスのTSUTAYA TVとネット宅配サービス( DVDやBD・CD)を自宅に郵送してもらって観るレンタルサービスのTSUTAYA DISCASの2つに分かれています。

auビデオパス

KDDI(au)と沖縄セルラーが運営するau回線契約者限定の動画配信サービス。

auユーザー限定の超おトクに映画を見られる動画配信サービス! で、auビデオパスでしか見られない作品や追加料金がかかる作品もある。

月額料金:
1)見放題プラン 月額562円 : さまざまなジャンルの話題作が月額562円!新作1本無料。
2)個別課金(レンタル制) 作品ごとに課金 見放題プラン加入ナシでも利用可能 ※15歳以下利用不可。

※個別課金は、作品をレンタルする度に料金を支払います。レンタル料金は旧作200円~新作500円程度です。

dTV

dTVはNTTドコモが運営する定額の動画見放題サービスです。

月額料金: 540円+有料作品視聴料。
視聴内容: 見放題作品と有料作品があり、合わせて100,000本程度。

1)BeeTV(dTVのオリジナルコンテンツ(dTVが独自に作った作品の意味)の動画がみれる。
2)完全キャリアフリーで、ドコモのスマホ・タブレット契約者以外の人も視聴できる。
3)ドコモのひかりTVを契約している場合は、ひかりTVチューナーでもdTVを観れる。

無料お試し期間: 31日間(31日以内の解約なら月額料金は不要)。
画質:SD,HD、4K。

※月額料金は2017年11月現在のものです。

“カーズ/クロスロード” のレビュー・感想

私は、この映画の「カーズ」、「カーズ2」と今回の「カーズ/クロスロード」の大ファンです。

レーシングカーやサポート車が、そして登場する車も、みーんな擬人化されていて、可笑しいときも、悲しいときも、淋しいときも・・・実に表情豊かにしゃべりますよー。

そこには、人どうしが喋るときに感じる警戒心・緊張感・喜怒哀楽が、ぜーんぜん無くてねー・・・、まことに、おおらかな雰囲気がかんじられましたよー。

なにもかも知り尽くしているような人生観が感じられるんですよー。

 大人が楽しめる映画でもあると思います。

私達が費やす人生の時間に比べたら、わずかな上映時間ですが、そのわずかな時間に「この挫折は終わりか、始まりか?」、「夢の続きか、新たな人生か?」、なんて人生の大きなテーマが詰め込まれているように感じられましたぞー。

 それにしても、レース中の大クラッシュ!、迫力のレースシーン・・・コンピュータグラフィックス(CG)の技術!、スッゴーイ!の一言ですわー。

やっぱり、フルCGには、人間が演じる時のアクが全く出ないので、観やすいですねー。

モーひとつ!、外せない魅力は、1959年型シボレー・インパラなど、モー往年の車ファンにはたまらん車が沢山!沢山!でてくることですよー。
アメ車ファンには、これまたタマラン画面が続出ですわー。

かく云う私も1970年代のアメ車ファンですわー・・・。

“カーズ/クロスロード” のネタバレふう解説

前作”カーズ"、"カーズ2”と同様に、ピストン・カップで何度も優勝したベテランレーサーの「ライトニング・マックィーン」が主人公です、いや!主人車とでも云いますかねー。

あるレースで、最新のテクノロジーを駆使した新世代のレーシングカーである「ルーキージャクソン・ストーム」がマックィーンを追い抜いて逆転優勝しますのやー。

そればかりか、古いタイプのレーシングカーが次々に引退し、最新のレーシングカーが次々と登場してきます。

主人車のライトニング・マックィーンは、世代交代を目の当たりにして心穏やかではおれません、焦りますわー、葛藤しますわー・・・。

無理もない事ですわー。

シーズン最終戦で、またしてもストームに追い抜かれたマックィーンは、焦って、いきなり速度をあげた結果、右後輪のタイヤがパンクし制御不能状態で壁に激突します。

そのまま宙を飛び、回転する!、そうー、物凄いクラッシュ!を起こしてしまったんですわー・・・。

あっちゃーですぞー・・・。

修理に4カ月かかりましたが・・・さぁーどうする・・・。

マックィーンの女友達が、やすらぎをあたえてくれますよー、うまい間合いをとってくれますよ。

彼女は2002年型ポルシェ・911カレラですよー、色は水色ですわー。

そして、主要なャラクター達が、自分のことを、「僕」、「私」、「俺」と、一人称で呼ぶのも面白いとこですね。

あとがき

自分でも車がすきなんでーねー、

1940~1970年代に活躍していた車が沢山出てきて、ワクワク、ホッコリでした。

こうした車が作られていた時代の日本では、アメ車がハバをきかせていたんじゃないでしょーか。

多分その頃の日本はアメリカに追いつけ!追い越せ!の時代だったんでしょねー。

そうした思いも感じれらて印象に残る映画で、多分これからも何度も観る映画だと思います。

関連資料

  

1)主なキャラクター

 この項は、ウイキペディアなどの記事を抜粋し編集しております。

● ライトニング・マックィーン(ラスティーズ)
 主人公で、ピストン・カップの人気ベテランレーサーですわー。

車体の色は赤です、一人称は「僕」。
ピストン・カップで7回の優勝歴を誇るのですが、新世代の波に乗れずにいます。

レース中のクラッシュ事故で初めて挫折を経験しますぞー、しかし、レーサーとして復帰するため、トレーナーのクルーズと共に特訓をしながら旅に出ますわー。

クルーズやスモーキーとの特訓を経て、レーサーを続けるべきか、別の道を切り開くか運命の決断を迫られます。

● クルーズ・ラミレス(ラスティーズ/ダイナコ)
ラスティーズ・レーシング・センターで働くヒスパニック(スペイン)系の若手女性トレーナーで、マックィーンの再生プロジェクトをサポートする彼の新たな相棒。

車体は2ドアクーペで色は黄色ですわー、一人称は「私」。

これまではルーキーレーサーのトレーナーとして活躍してきたが、ベテランレーサーであるマックィーンのトレーナーとして、やる気を引き出す達人、テクノロジー知識が豊富であることを活用し彼を鍛え上げる。

音声コマンドアシスタント「ハミルトン」を搭載しておりますぞー。

明るく前向きな性格だが、実は自分に自信が持てないという悩みを抱えている。

幼少期にテレビでマックィーンのレースを見たことがきっかけで彼の大ファンになり、レーサーになることを目指していたが、周りとの空気が違うことを感じ、断念した経歴がある。

● ジャクソン・ストーム (IGNTR)
ピストン・カップの新世代ルーキーの一台で車体の色は黒/青。

これまでのピストン・カップのレーサーの概念を覆す、空力重視の低く角張った車体が特徴ですわー、一人称は「俺」だー。

自信家で、実力を鼻にかけたその姿はルーキー時代のマックィーンに似ているが、それに加えて自分が勝つ為ならば手段を選ばないなど、かつてのチック・ヒックスの様な卑怯さも併せ持つ。

最新設備によるバーチャル空間でのシミュレーション訓練を重ね、最も効率的な走行ラインを維持することができるんですわー。
新技術がレース界に革新をもたらすと信じていて、マックィーンを始めとした旧世代のレーサーたちを見下す!、好かんやつですわー。

マックィーンに憧れている素振りを見せるが、尊敬の念を持たず、挑戦的な態度をとるんだなー。

こうした役がらでも、CGならではの親しみやすがあるんですよねー・・・。

●ジェフ・ゴルベット
2作目「カーズ2」に登場したアメリカ出身の元レーサーでマックィーンの友人。

車体はシボレー・コルベット C6.Rで色は黄色だー。

登場は終盤のフロリダ500で、「旧世代の代表として勝ってくれ」とマックィーンに伝えるよー。

モデルは2016年シーズン限りで引退したNASCARカップシリーズの元チャンピオンのジェフ・ゴードンで声も本人ですよー。

●リロイ・ヘミング(リボルティング)
1950年代に活躍したピストン・カップの新人レーサーで、車体は1955年型クライスラー・300レターシリーズで色は白ですよ。

現役時代のレースシーンで登場し、ドックを壁に押し付けて妨害するが、宙返りの技でかわされて優勝を阻止されてしまう奴ですわー。

●ハミルトン
クルーズに搭載された音声コマンドアシスタントでねー、速度を測定する際などに使われていますよー。

●旧世代レーサー: キャル・ウェザーズ(ダイナコ)
2005年度シーズンで引退したキングことストリップ・ウェザーズと、彼の妻リンダ・ウェザーズの甥で車体の色は水色。

ベテラン格の一台でマックィーン、ボビーとは友人。

●旧世代レーサー: ボビー・スイフト(オクタンゲイン)
車体の色は青紫に黄色で、マックィーン、キャルとは友人だー。

時期は不明ですが、序盤から2016年シーズン最終戦での間に解雇されて消えてしまう。

●新世代レーサー: バッバ・ホイールハウス(トランスベリージュース)
車体の色は青で、モデルは2017年のNASCARカップシリーズのレーサーで、声はダレル・ウォレス・Jr.(英語版)ですぞー。

●新世代レーサー: ダニー・シュワヴェッツ(オクタンゲイン)
ボビー・スイフトの後任で、車体の色は青紫に黄色だー。

モデルは2017年のNASCARカップシリーズのレーサーで、声はダニエル・スアレス(英語版)ですよー。

●ピットクルー: キング(ストリップ・ウェザーズ)
1作目「カーズ」に登場したピストン・カップの元ベテランレーサーで、車体は1979年型プリムス・スーパーバードだー、色は水色ですぞー。

●ピットクルー: レイ・レヴァラム
ジャクソン・ストームのクルーチーフで、車体はピックアップトラックで色は黒ですわー・・・いい味、出しますぞー。

モデルは元NASCARレーサー、ジェフ・ゴードンのクルーチーフで現在はレース関連会社のコンサルタントを務めている。

声はレイ・エバーナム(英語版)でねー、この映画のアドバイザーを務めているんですよー。

●ファン: マディ・マックギア
少女で、マックィーンのファンですわー、車体はマイクロカーで色は赤ですよー。

●ラジエーター・スプリングスの住民: ドック・ハドソン(ハドソン・ホーネット)
町医者と判事の顔を持つ1950年代のピストン・カップの伝説のレーサーですわー。

マックィーンの師匠でしたが、2作目「カーズ2」以前に他界しているが、車体は1951年型ハドソン・ホーネットで色は紺だー。

この映画ではマックィーンの回想シーン、「カーズ」の” 54年大事故”と、現役時代のレースシーンの映像で登場しますねー。

この映画で、彼の過去や真相なども明らかになりますよー。

彼の人生がマックィーンの決断の鍵となるんですわー。

●ラジエーター・スプリングスの住民: メーター
マックィーンの親友ですわー、車体はレッカー車で色は錆びた茶色なんですよー。

●ラジエーター・スプリングスの住民: サリー・カレラ
マックィーンのガールフレンド!ですぞー、車体は2002年型ポルシェ・911カレラ(996型)で、色は水色だー。

このキャラクターはイカしてて良いですぞー。

●ラジエーター・スプリングスの住民: ルイジ
タイヤ店「CASA DELLA TIRES」店主ですよ、良い奴だ。
車体は1960年型フィアット・500で色は黄色、マックィーンの旅にグイドと共に同行するよー。

●ラジエーター・スプリングスの住民: グイド
ルイジの親友。車体はフォークリフトで色は水色。マックィーンのピットクルーとして活躍している。

マックィーンの旅にルイジと共に同行する。

●ラジエーター・スプリングスの住民: シェリフ
老保安官。車体は1949年型マーキュリー・ポリス・クルーザーで色は黒。

●ラジエーター・スプリングスの住民: ラモーン
ペイントショップ「ラモーンズ・ボディペイント」店主で、車体は1959年型シボレー・インパラで色は冒頭では青、終盤ではピンクだぜ!。

●ラジエーター・スプリングスの住民: フロー
ラモーンの妻で喫茶店(ガソリンスタンドだけど、ほら!登場するのは皆な車だろー・・・だからねー・・・)「フローズV8カフェ」のオーナー。

車体は1950年代ショー・カーで色は緑だぜ!。

●ラジエーター・スプリングスの住民: フィルモア
オーガニック燃料兼雑貨屋「フィルモアのオーガニック燃料店」を営むヒッピー。

車体は1960年型フォルクスワーゲン・バスで色は緑なんだーこれが!。

●ラジエーター・スプリングスの住民: サージ
払い下げ軍用品販売店「サージのサープラスハット」を営む退役軍車でねー、車体は1942年型ウィリスMBで色はオリーブグリーンですぞー。

●ラジエーター・スプリングスの住民: リジー
土産屋を営む老車でねー車体は1923年型T型フォードで色は黒だー。

●ラジエーター・スプリングスの住民: レッド
車体は消防車で色は赤だよー。

以上です、最後までお読みいただいて本当に有り難うございます。

-洋画, アニメ

Copyright© 動画配信のすゝめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.