無料で新作動画を見る方法を掲載中!

動画配信のすゝめ

洋画

映画“美女と野獣 実写版”の吹替え動画フルをpandoraやdailymotionなしで無料視聴する方法

更新日:

美女と野獣の実写版を配信元のキャンペーンや特典を使って

●観たい作品を無料で視聴する方法、
●視聴の申し込みをして会員になれば、会員以外に二人とか三人が視聴できるサイト

なんかを紹介します。

この記事は下記のようにしておりますので、ご参考にどうぞ!

はじめに

美女と野獣の実写版を字幕・吹替えで、しかも無料でフル視聴できますよー。
無料視聴の方法は、美女と野獣の実写版 の動画視聴と配信元はこちら!にある配信サイトの赤枠の詳細をクリックしてくださいね。
 この作品は、フランス民話の「美女と野獣」をもとにして、ディズニーが長編アニメーション「美女と野獣」が制作したのが1991年でしたねー。
しっかし、あい変わらずの人気作品ですよねー。

美女と野獣実写版の動画視聴と配信元はこちら!

2017年11月現在でお勧めの配信サイトは次の 4 社です。

●U-NEXT
●TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
●dTV
●auビデオパス

紹介する配信サイトは、
①インターネットにつながっているパソコン、タブレット、スマホ、テレビで観たいときに観たい作品が視聴できます。

②動画配信サービスを外出先で楽しみたいなら、自宅のWiFiであらかじめスマホやタブレットに動画をダウンロードしておける「オフライン再生」も可能なサイトも有ります。

③勿論、ウイルス感染の心配も無く合法的に安全に視聴できて、無料お試し期間
(2週間〜1ヶ月)も有り、途中解約も問題なくできます。

U-NEXT

4万作品が月額料金2149円税込で見放題!です。
U-NEXTに会員登録して直ぐに貰える“600円”分のポイントを使えば新作でも無料で視聴できます。
さらに登録後、“31日間無料で見放題 (無料トライアルと呼んでいる) ”特典で見放題作品は、まさに見放題!ですぞー。
勿論、お気に召さなければ登録後31日間の間に登録を解除すれば、月額料金は払わなくてすみますからね。
勿論!勿論、そのまま登録したまま会員になるのも貴方しだいです。
その場合は2107年11月現在の月額料金は1,990円(税抜き)で、この料金で見放題マークの付いた作品が見放題です。
ポイントマークの付いた有料作品は視聴の度に課金されます(おおむね1作200~600円位)が、継続会員の場合は毎月1,200円分のポイントが貰えるから、それを使えば、実質料金は790円になりますよねー。

無料お試し期間:初回31日間(期間中に解約手続きをしないと自動的に会員となり月額料金が発生する)。

ツタヤTV

大手レンタルビデオチェーン・TSUTAYAが運営する公式のサービスで、動画配信サービスのTSUTAYA TVとネット宅配サービス( Blu-ray・DVD・CD)を自宅に郵送してもらって視聴するレンタルサービスのTSUTAYA DISCASの2つに分かれています。

auビデオパス

KDDI(au)と沖縄セルラーが運営するau回線契約者限定の動画配信サービス。

auユーザー限定の超おトクに映画を見られる動画配信サービス! で、auビデオパスでしか見られない作品や追加料金がかかる作品もある。

月額料金:
1)見放題プラン 月額562円 : さまざまなジャンルの話題作が月額562円!新作1本無料。
2)個別課金(レンタル制) 作品ごとに課金 見放題プラン加入ナシでも利用可能  ※15歳以下利用不可。

※個別課金は、作品をレンタルする度に料金を支払います。レンタル料金は旧作200円~新作500円程度です。

dTV

dTVはNTTドコモが運営する定額の動画見放題サービスです。

月額料金: 540円+有料作品視聴料。
視聴内容: 見放題作品と有料作品があり、合わせて100,000本程度。

1)BeeTV(dTVのオリジナルコンテンツ(dTVが独自に作った作品の意味)の動画がみれる。
2)完全キャリアフリーで、ドコモのスマホ・タブレット契約者以外の人も視聴できる。
3)ドコモのひかりTVを契約している場合は、ひかりTVチューナーでもdTVを観れる。

無料お試し期間: 31日間(31日以内の解約なら月額料金は不要)。
画質:SD,HD、4K。

※月額料金はいずれのサイトも2017年11月現在のものです。

美女と野獣実写版のレビュー 

 アニメ版はずいぶん前に視聴しました。
覚えている事も少ないですが、しかし今回、実写版を視聴してもアニメ版のほうが良かった、なんて感じも無くて画面の優雅さに魅了されましたぞ。
アニメ版のリメイク版だとか、実写版とか云われても何の違和感も感じなっかたです。
王子が野獣に変えられる前の姿や、ベルの母親が亡くなった理由なんかも新たに加えらていたようですが、そんな事は気にもならなほどに綺麗な映像でした。
アニメ版では味わえない、俳優さんが演じる表現の豊かさもあって、楽しませてくれました。
 2017年の国内興行収入が120億円を突破しており、その人気を裏付けているように思います。

美女と野獣実写版のネタバレふうな感想と解説など

 

少しどころか、ネタバレが過ぎてしまいました。
ネタバレを好まない方は、素通りしてくださいねー。

ロココ時代のフランスが舞台すぞー。
ロココ時代とは18世紀、ルイ15世のフランス宮廷から始まった美術様式が、脚光あび賞賛された時代のことらしいです。
映画にでてくる背景の装飾や登場人物の服飾、小道具にいたるまでの文化が、まさにその美術様式だったんですねー。

物語では、おごりたかっぶて人を見くだし、礼儀を欠いた横柄な態度のイケ好かない王子が、開いている舞踏会に、一人の乞食が現れますのや。

乞食は王子に、「嵐で道に迷ったので、一晩泊めて欲しい」と頼み込み、一輪の薔薇をさしだしますねー。
礼儀を欠いた無慈悲な王子は、乞食の醜さを嘲笑うんですよー、そして乞食の申し出を断ります!・・・嫌な奴だー!。

申し出を断られた乞食は正体を表しますぞー、そー、乞食は魔女だったんです!。
そしてねー、このいけ好かない王子と家来たちに、呪いをかけてしまいますのやー。

王子は、醜い野獣に姿を変えられますぞー・・・自業自得ですわなー仕方がないですよー。
家来たちは、家具に姿を変えられましたねー。

そして魔女は王子に云いますぞー、
「薔薇の花びらが全て落ちるまでに、愛し愛されることを学ばなければ、呪いは永遠に解けない」
とねー・・・、仕方ないよねー、自分が無慈悲なことをしたんだからねー!。
そう言い残して、乞食だった魔女はねー、城を去りますのやー・・・、人々から王子たちの記憶を消し去ってしまったのです。

城の近くにある村に、父と共に暮らすベルという女性がいます。
彼女は物語を読みふけり冒険を夢見る教養ある女性なんですが、ある日父親が森の中で道に迷い城に辿り着いてしまいます。
そのとき父親は娘の願いを思い出し、庭にある一輪のバラを切とるんです・・・。
ところが城の主・野獣!、そうです!あの、いけすかん王子のなれのはてですが、バラを切りとった父親を見つけて捕らえますのや。
父親は、その野獣王子に監禁されてしまいますねん。

父の愛馬が父を乗せずに戻って来たのを見たベルは、父の身に何か起こったと感じ、フィリップに乗り村を飛び出し城に辿り着きます。
そして、牢獄に捕らえられている父と再会するんです。
そしてそして、ベルは野獣王子と出逢いますぞー!・・・あとは視聴されてお楽しみですくださいね。

美女と野獣実写版 の動画の主な俳優さん・声優さん

 
※以下はWikipediaより抜粋して加筆しています。

監督 - ビル・コンドン
脚本 - スティーヴン・チョボスキー

俳優さん / ( )内は日本語吹替えの声優さんです。
本作はリメイク作品ですから、原作品とは違った背景が有ります。
 
•ベル:エマ・ワトソン(昆夏美)
•野獣:ダン・スティーヴンス(山崎育三郎)
•ガストン:ルーク・エヴァンス(吉原光夫) - 本作では戦争から戻ってきた元軍人と設定されている。
•モーリス:ケヴィン・クライン(村井國夫) - 本作では元絵描きのオルゴール職人と設定されている。
•ル・フウ:ジョシュ・ギャッド(藤井隆)
•ルミエール:ユアン・マクレガー(成河) - 本作では人型の燭台となっており、頭も蝋燭ではなく本体側にある・・・リメイク作品ですからねー。
•コグスワース:イアン・マッケラン(小倉久寛) - 本作ではアニメ版よりも複雑なデザインになっている。
•ポット夫人:エマ・トンプソン(岩崎宏美)- アニメ版と異なり本作では顔が側面にある。
•チップ:ネイサン・マック(英語版)(池田優斗)
•マダム・ド・ガルドローブ(箪笥):オードラ・マクドナルド(濱田めぐみ) - アニメ版ではワードローブという名前だったが本作では名前が変更されており、デザインも大きくかわっています、このあたりがリメイク作品らしいですねー。
•マエストロ・カデンツァ(チェンバロ):スタンリー・トゥッチ(松澤重雄)- アニメ版には登場しない本作オリジナルキャラクターですぞー。
•プリュメット(はたき):ググ・バサ=ロー(島田歌穂) - アニメ版ではフェザーダスターという名前だったが本作では名前が変更されており、鳥型のハタキに変更されていますねー。

•アガット:ハティ・モラハン(英語版)(戸田恵子) - 村の物乞いとして登場するが、実は王子を野獣の姿に変えた魔女である・・・悪だ!悪・・・愛すべき悪だね。
本作では冒頭の語りも担当しているよー。

•ジャン:ジェラード・ホラン(英語版)(安崎求) - 物をしばしば紛失する村の陶芸家。
実はポット夫人の夫であり、チップの父親である。

•クロチルド:ヘイドン・グワイン(英語版)(RICO) - 村に住む女。実はコグスワースの妻。
•ダルク:エイドリアン・シラー(英語版)(福沢良一) - 自分が管理する精神障害者向けの施設にモーリスを入所させようとする。
•ペール・ロベール:レイ・フィアロン(英語版)(田中美央) - 村のチャプレン。
チャペルの図書館に所蔵されている本をベルに貸しますぞー。

•シャポー(コート掛け):トーマス・パッデン(広田勇二)
•ベルの母:ゾーイ・レイニー(大地葉)
•スタンリー:アレクシス・ロワゾン(根本泰彦) - ガストンの子分の一人。
マダム・ド・ガルドローブからの攻撃によって女装させられるんだー。

あとがき

これねー、同性愛にかんしてゴタゴタした報道がありましたねー。
それで、ちょっと調べてみましたので概要をご披露しますね。

映画には、同性愛者のキャラクターとしてル・フウが登場していて、これが同性愛を問題視する人達から批判され物議をかもす、きっかけになったようです。

 1)ロシアでは2013年に同性愛が禁止されているそうですが。
同性愛者蔑視の発言を続けてきた下院議員が「 同性愛の宣伝に当たる 」と非難し、上映禁止を要求したんですねー。
2017年3月7日、ロシア文化省報道官は本作を16歳以上の年齢制限付きで公開すると発表したようですよ。

2)ディズニーおひざもとのアメリカ合衆国でも、アラバマ州ヘナガーにある映画館が、同性愛の内容が含まれるという理由で本作を上映しないとFacebookで表明したそうです。

3) マレーシアでは同性愛を描いたシーンを検閲当局がカットしたことが明らかとなっていますよー。
宗教的な問題でしょうが、ちょっと私には寛容さが欠けているように思えてなりません。

このためディズニーは、2017年3月14日、マレーシアでの本作の公開を無期限で見送ると発表したそうです。
そしたら、のちに、13歳未満が鑑賞する場合には保護者の同意を必要とする「P13」作品に指定した上で、カットや修正を行わずオリジナルのまま公開することが決まったとか。

なーんかマレーシアのお役所の右往左往がみえるようで・・・、お騒がせですねー。
日本は良いですね、アジア地域では最も民主主我が成長している国だそうですよー。

 最後まで、お読みくださり有り難うございます。

-洋画

Copyright© 動画配信のすゝめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.